[新聞-MOZART!] 花總まり「モーツァルト!」の姉に挑む 我慢の人生、天才の弟への思いを分析-

每日新聞

 

 

 

Topics:花總まり 「モーツァルト!」の姉に挑む 我慢の人生、天才の弟への思いを分析

毎日新聞 2014年11月10日 東京夕刊

20141110-NEWS

◇「嫉妬や悲しみ伝わる」−−花總(はなふさ)まり

大作ミュージカルへの出演が続く。気品ある容姿と確かな演技力で、宝塚歌劇団在団中は、トップ娘役を12年3カ月にわたってつとめた。宝塚の最長記録である。

この1年で演じた主な役は「モンテ・クリスト伯」のヒロイン、メルセデス、「レディ・ベス」の主人公エリザベス、そして東京・帝劇で公演中の「モーツァルト!」のナンネール。すべて初役だ。

■   ■

「レディ・ベス」と「モーツァルト!」はミヒャエル・クンツェ脚本・歌詞、シルヴェスター・リーヴァイ音楽。宝塚在団中に皇后エリザベートを初演した「エリザベート」と同じコンビが生み出した人気作品だ。

「リーヴァイさんの曲は大好きです。『レディ・ベス』はドラマチックで、ベスの芯の強さが出たメロディーでしたが、ナンネールの歌は、また違うタイプの曲です」

ナンネールは主人公であるヴォルフガング・モーツァルト(井上芳雄、山崎育三郎のダブルキャスト)の姉。優れた音楽的才能を持つが、父レオポルト(市村正親)の期待はヴォルフガングに向かい、ナンネールは一家の犠牲となる。

「天才の弟を持つが故に、我慢を強いられた。ヴォルフガングへの嫉妬もあったでしょう」と分析する。

「終わりのない音楽」というナンバーで、ナンネールは自分が男であったなら、音楽を続けただろうと歌う。

「きれいな曲で、淡々と歌うのですが、悲しみがひしひしと伝わってきます」

演出の小池修一郎は宝塚歌劇団所属。厚い信頼を寄せている。「小池先生は『ナンネールの一生としても読める作品だ』とおっしゃいました。そう見てもおもしろいと思いました。ナンネールだけが、ヴォルフガングの若い頃から死後まで登場します」

演じるにあたっては、役の人物像を考え、掘り下げていく。

「何度も歌い、お芝居をしているうちに、役の気持ちがちょっとずつ分かってくるような気がします。夜、寝ようとしてベッドに入っても、ずっと歌詞を追ってみたり。今は『モーツァルト!』の世界が頭の中をぐるぐる回っています」

■   ■

2006年に宝塚歌劇団を退団後、舞台出演を控えめにしていた時期がある。「在団中に、いろいろな役をさせていただきました。『やり終えた』と思い、舞台に何の未練もありませんでした」

その考えに変化が起きたのは12年の「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」への出演からであった。

「宝塚OGの公演で初演メンバーが集まりました。演じることの楽しさを感じ、ファンを含め、皆さんが喜んでくださった。もっといろんな役を演じたいと思いました」

もう思いに揺れはなく、「舞台が続いて幸せです」と言い切る。「ミュージカルだけではなく、ストレートプレーも現代劇も演じたい。いろんな自分を発見したいです」

12月24日まで。問い合わせは03・3213・7221。【小玉祥子】

————-以下為花光興業快手V的翻譯————-

花總まり 挑戰《莫札特!》的姐姐一角 分析該角色忍耐的人生及對天才弟弟的想法

毎日新聞 2014年11月10日 東京晚報

◇「傳達嫉妒與悲傷」−−花總まり

花總近來接連演出大型音樂劇作品。她具備典雅氣質的外型與紮實的演技,曾在寶塚歌劇團擔任主演娘役長達12年3個月之久,創下就任時間最長的記錄。

她這一年來演過的主要角色有《基督山恩仇記》的女主角梅苔絲《Lady Bess》的主人翁伊莉莎白一世,以及目前在東京帝國劇場演出的《莫札特!》的Nannerl(莫姊姊)。全部角色都是首次演出。

■   ■

Lady Bess》及《莫札特!》皆由Michael Kunze編劇、作詞,Sylvester Levay作曲。花總在寶塚時期於《伊莉莎白》的首演版中飾演皇后伊莉莎白,而此劇也是這對創作控比的人氣作品。

「我很喜歡Levay桑的歌曲。《Lady Bess》的旋律富有戲劇性,顯現出貝絲強韌的內在。但Nannerl的歌又是不同類型的曲子。」

Nannerl是《莫札特!》主人翁沃夫岡.莫札特(由井上芳雄及山崎育三郎輪流演出)的姊姊。雖然擁有優異的音樂才能,但父親Leopold(市村正親飾)的期待卻放在沃夫岡身上,因此Nannerl成了這一家的犧牲品。

「因為有天才弟弟,所以逼迫自己忍耐。或許她對莫札特也很嫉妒吧。」花總如此分析。

〈無盡的音樂〉這首曲子是由Nannerl所唱。她假想如果自己是男性,或許能在音樂上持續發展。

「很美麗的曲子,雖然淡淡地唱,卻傳達出深切的悲哀。」花總說。

擔任導演的小池修一郎任職於寶塚歌劇團。花總對他寄予深厚的信賴。「小池老師曾說『Nannerl的一生也是一本可讀的作品。』以這種角度看也覺得很有趣。從莫札特年輕時到死後都一直在台上的,只有Nannerl這個角色。」

演戲時,花總一邊思索著角色的人物形象,一邊往下深掘角色內在。

「透過不斷的歌唱與演戲,一點一滴逐漸了解角色的心情。晚上準備入睡時就算躺在床上,還是一直想著歌詞。現在《莫札特!》的世界正在腦中轉呀轉的。」

■   ■

2006年從寶塚歌劇團退團後,花總有好一陣子都沒有在舞台上表演。「在團時有幸演過許多不同的角色。當時覺得『該做的都做完了』,對舞台沒有任何留戀。」

這樣的想法起了變化,是在2012年演出《伊莉莎白Special Gala Concert》的時候。

「該作首演版的成員在寶塚OG公演時齊聚一堂。我感受到演出的樂趣,而且包括飯在內,大家都很高興,因此想要演出更多不同的角色。」

此後她的決心再也沒有絲毫動搖。「能持續舞台生涯非常幸福,」花總如此斷言。「不只是音樂劇,我也想演舞台劇跟現代劇,想要發掘自己各種不同的樣貌。」

—————-先來解釋一下————–

音樂劇 : 應該就是迄今為止小花主要的演出作品

舞台劇 : 指的應該就是一般的話劇,沒有歌唱舞蹈的部份

現代劇 : 台日兩邊分類法可能稍有不同,以日本維基的解釋是說,明治維新之後的現代作品。據我們快訴而粗淺的討論,也許是小花演多了古典劇碼或古裝劇,想要挑戰更多現代劇作家的作品;所以應該也可以視為小花想要挑戰當代戲劇。(日本WIKI)

—————–以下繼續腦殘—————

V : 這篇可以看到小花的決心。如果她的決心是這樣,我覺得什麼都沒關係。她知道自己該走的路。

星 : 靠,馬上看….((還好影片做完了))

星 : 看起來真的是還好小池老師有找她2012 GALA CON阿

V : 對啊 小池是她的伯樂

星 : 這篇要跟楊老師的擺在一起對照,當年她是真的很帥氣的感覺毫不戀棧….她記得自己說過的話

(接下來就是在討論該怎麼定義音樂劇,舞台劇,現代劇)

V : 現代劇我猜….會不會是比較前衛的東西….

星 : 那應該是實驗劇…

V : 喔喔~~~~~前衛的東西…搞不好會有好康的可以看啊!(馬上被揍)

痞 : 你們有弄到文章了嗎…文章看完 正在研究照片…….御_果然很謙虛 XD

V : XDDDDDDD…..冬天應該會…吃多一點吧?XD

星 : 曖曖內含光阿 (感嘆)

V : XDDDDDDDDDDDDDDDDd

痞: 小星你贏了

痞 : 現在終於明白 為啥古人見到蝦米風景都要寫寫詩講講話這樣….

痞 : 只要是 狼 都會有感而發ㄚ~~~~

V : 狼(人)XDDD

痞 :偶們係進化版狼人 不用滿月就會變身…..也不用月亮就可以在夜空下嚎

(看到小花就自動切換模式了)

————————————————————

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *