吉田鋼太郎 安蘭けいに求婚できない“バツ3”のトラウマ

Yahoo新聞 女性自身 9月26日(金)10時0分配信

吉田鋼太郎 無法向安蘭けい求婚的「三個叉」之心理創傷

坦白的吉田鋼太郎先生 (給你一百個讚)
坦白的吉田鋼太郎先生 (給你一百個讚)

朝ドラ『花子とアン』では石炭王・嘉納伝助を熱演した吉田鋼太郎(55)。伝助の一途な愛を妻・蓮子に捧げる姿は主婦のハートを掴んだ。吉田自身は今年7月、元宝塚トップスターで女優の安蘭けい(44)との熱愛が報じられた。

「吉田さんが安蘭さんの自宅に通っているそうですが、どちらかといえば彼女の方が吉田さんに惚れているようですね」(演劇関係者)

酒好きや女好きを自ら公言している吉田だが、こんな過去も……。

「彼は“バツ3”なんです。正確には最初の奥さんとは式は挙げていますが、籍を入れていなかったので“バツ2”なんです。前の前の奥さんとの間に、男の子も1人います。その別れた奥さんと今も仲が良くて、子供と一緒に吉田さんの舞台を見に来ます。安蘭さんにも紹介されているはずです。彼女は、そんな彼の隠しごとをしないところにも魅力を感じているみたいです」(別の演劇関係者)

吉田はいま、“4回目”の結婚についてこんな悩みを抱えているという。

「彼女より11歳も年上ですし、“バツ3”という引け目もあり『彼女に、プロポーズなんて言えねぇよ……』と悩んでいます。『趣味は女』という彼にとっても、過去の離婚は家族を幸せにできなかったというトラウマになっているのでしょう。彼女との未来は真剣に考えているようですが、最後の一歩を踏み出す勇気がまだないみたいです」(前出・演劇関係者)

“伝助の男気”を、私生活でも実践できる日は来るのか!?

————————Vickie快要成仙之不負責任翻譯—————————–

吉田鋼太郎 安蘭けいに求婚できない“バツ3”のトラウマ

吉田鋼太郎 無法向安蘭けい求婚的「三個叉」之心理創傷(註1)

在NHK晨間連續劇《花子與安妮》(註2)熱烈演出煤礦大王嘉納伝助一角的吉田鋼太郎(55歲),其一心一意愛著妻子蓮子的身影,奪去了許多主婦的心。吉田本人則被報導於今年7月與前寶塚主演男役,現為女優的安蘭けい(44)陷入熱愛

根據戲劇圈人士表示,「雖說都是吉田前往安蘭她家,但說起來安蘭比較迷戀吉田的樣子呢。」

自己公開宣稱愛酒也愛女人的吉田,卻有一段這樣的過去…。

根據另一名戲劇圈人士的說法,「他已經有『三個叉』了。不過跟第一任妻子雖然有舉行婚禮,但沒有入籍,所以正確算來應該是「兩個叉」。跟第二任妻子生了一個男孩。兩人分手後到現在感情都不錯,前妻還會跟小孩一起來看他的舞台劇。他也認為應該跟安蘭介紹他們。安蘭她好像覺得吉田毫無隱瞞這點,對她而言很有魅力。」

吉田現在對於是否要結第四次婚,懷著以下的苦惱。

上述的戲劇圈人士也表示,吉田煩惱的是,「我比安蘭她大11歲,又有『三個叉』這樣的缺點,『跟她求婚實在說不出口…』」。就算對「性好女色」的他來說,可能是以往的離婚經驗,變成了無法帶給家人幸福的心理創傷吧,所以雖然有在認真考慮跟安蘭的未來,但好像一直沒有踏出最後一步的勇氣。」

伝助的男子漢氣概也能在私生活實踐的那天,是否會到來呢?

 

註1: 「バツ」是日文「叉叉」的意思在「バツ」後面加上數字,在日本一般表示的是離婚的次數,不分男女都可以用,喪偶也可以用,總之就是指曾經結婚的人恢復單身狀態的意思。

由於在日本,結婚通常意味著配偶戶籍的改變,(所以結婚經常被稱為是「入籍」),離婚後由於配偶的戶籍被拔除,戶政事務所就會在戶籍謄本原來登記配偶戶籍的地方打個大叉,所以一般人就會把離婚一次稱為バツ1,兩次稱為バツ2,以此類推。

這個用語流行起來是90年代後的事情,起因於1992年9月,藝人明石家秋刀魚跟演員大竹忍離婚時,明石家於離婚發表記者會上在額頭上畫了一個「X」,此後日本人便常用一個叉兩個叉表示離婚的次數。

wiki解釋    /    日本語俗語字典的解釋

註2:《花子與安妮》講的是翻譯日文版《清秀佳人》(Anne of Green Gables)的翻譯家村岡花子的故事。(日文把《清秀佳人》翻譯成《赤毛のアン》(紅髮安妮))

中文wiki    /    NHK官網

——————————————————

本篇本日總結

1. 人貴自知

2.坦白才是王道 (坦白從寬)

3.飯才不管你愛的是誰,是希望你要開心快樂  (拖走)

 

 

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *