[Blooming] 【インタビュー】2014年フレグランス アンバサダー、”現代のマリー・アントワネット”花總まりが語る香水の魅力

WWD JAPAN.COM

2014_1008 BLUEBELL1

2010年、日本フレグランス協会が10月1日を”香水の日”に制定してから今年で5回目。香水の日に合わせたフレグランスウィークでは、各地の百貨店などで関連のイベントが開かれている。そんな中、阪急うめだ本店と新宿高島屋では、2014年のフレグランス アンバサダーに選ばれた宝塚歌劇団出身の女優、花總まりが、香水の奥深い世界を伝えるトークショーを開催。宝塚歌劇団100年の歴史の中で娘役トップを最長の12年務め、「ベルサイユのばら」でマリー・アントワネットを演じたことから”現代のマリー・アントワネット”と称される彼女に、香水の魅力を聞いた。

―2014年のフレグランスアンバサダーに選ばれた感想を教えてください

花總まり(以下、花總):選んでいただいたことはとても光栄で、同時に責任の大きさに身の引き締まる思いです。これまで、香水はたくさん種類があり過ぎて、どれを選べばいいのか迷うことが多く、手を出しにくいイメージもありました。しかし、フレグランス アンバサダーに就任したことで香水がとても身近な存在になり、実際に百貨店の香水カウンターに出掛けて、自分にはどんな香りが合うのか見ていただいたりもしたんですよ。私のファンの方たちもこれをきっかけに香水を購入してくださったり、ブログにも「香水に興味が湧きました」というコメントが増えたりして嬉しく感じています。

―宝塚歌劇団時代、香水にまつわる思い出などはありますか

花總:舞台では衣裳に香りがついてしまうので、あまり積極的に香りをつける習慣がないのですが、新人公演で舞台にあがるときは先輩から衣装を借りるので、先輩の残り香が衣装からふんわり漂うこともありましたね。憧れの先輩の香りをまねする人や、特に男役の方は舞台に上がる前に気合を入れるためか、お気に入りの香水を舞台袖でつける方もいました。

―どんな時に香水をつけますか。つけるときのこだわりはありますか

花總:どこかにお出かけするときや、気分をあげたいときに香水はつけますが、香水だけでなくボディローションやキャンドル、アロマなども好きでよく使います。特に楽屋では、空気を浄化してくれるものや喉を癒やすもの、元気が出るものなど、その時々の体調や用途などによって、アロマオイルを使い分けて焚いていました。香水をつけるときは、空気中にスプレーして、その霧の中をくぐって香りのベールに包まれるようなイメージでつけます。フレグランス アンバサダーになって、「香水は肌に直接つける方が温まってまろやかに香る」ということを知りました。香水は嗜好品ですから、つけ過ぎなどで周りの迷惑になっている場合もありますよね。そんな”香害”でせっかくの香りの魅力を損なわないように、正しいつけ方の知識なども発信していければと思います。

―愛用されている香りや今後挑戦してみたい香りはありますか

花總:フレグランスウィークでご紹介している、メゾン フランシス クルジャンの「ア ラ ローズ オードパルファム」は、マリー・アントワネットの肖像画から受けるインスピレーションそのものの香りでとても気に入っています。マリー・アントワネットがこよなく愛したバラの花は、時代を問わず美のシンボルであり、フレグランスの原点と言われるのを納得できますね。こういったフローラル系も好きですし、シトラス系や石けんの香りなども気分によって使い分けます。11月8日からは、私がモーツァルトの姉のナンネール役を務める舞台「モーツァルト!」が始まり、連日お稽古に励んでいます。舞台に立つ時は役に入り込み、楽屋でふっと肩の力を抜いた時につけたい軽やかさもある「グッチ バイ グッチ プルミエール オードトワレ」などをさりげなく使えるようになれるといいですね。香水で上手に気分をリフレッシュさせて、初日を迎えられたらと思います。

[以下為大嬸V快速譯文]

訪問】
2014年香水大使,有「現代的瑪麗・安東尼」之稱的花總まり 暢談香水的魅力
2010年,日本香水協會將每年的10月1日訂定為「香水日」,到今年已進入第五年。香水日所在的那一星期也成為香水週,在此期間,各地的百貨公司皆會舉辦相關活動。其中在阪急百貨梅田本店及新宿高島屋舉辦座談會,暢談香水深奧世界的,是獲選為2014年香水大使,出身寶塚歌劇團的女優花總まり。她在寶塚歌劇團的百年歷史中創下擔任主演娘役12年的最長記錄,並於《凡爾賽玫瑰》扮演瑪麗・安東尼皇后,因而獲得「現代的瑪麗・安東尼」之稱。在此我們向她請教香水的魅力為何。
Q:請告訴我們獲選為2014年香水大使的感想。

花總:能獲選為香水大使實在是相當榮幸,同時也對這份重責大任感到戒慎惶恐。時至今日,香水已發展出許多種類,有種多到讓人不知如何選擇是好的感覺。不過正因為擔任香水大使,我才察覺到香水真的是近在咫尺的存在,實際上去百貨公司逛香水專櫃時,也會看看自己到底適合什麼樣的香水。就連我的飯也以此為契機去購買香水,而在我的部落格上,「對香水開始產生興趣」的評論也日益增加,讓我覺得很高興
Q:在寶塚歌劇團的時候,有沒有跟香水有關的回憶呢?

花總:在舞台上戲服也會沾染到香味。雖然我個人並沒有積極在衣服上沾染香味的習慣,在新人公演登台時,戲服都是跟上級生借的,所以她們的餘香會縈繞在衣服上。劇團內則有人沿用崇拜的前輩所用的香水,特別是男役在上台前為了集中精神,有人也會在側台灑上自己喜歡的香水。
Q:什麼時候會使用香水?在使用時有沒有什麼特別的堅持呢?

花總:要出門去某些地方的時候,以及想提振精神時會使用香水。但我並非只喜歡香水,也會經常使用乳液、芳香蠟燭跟香氛之類的物品。特別在後台為了淨化空氣、滋潤喉嚨或恢復活力,會依據當時的身體狀況或使用方法,分別點燃不同的精油。使用香水時我會朝空中噴洒,讓自己被香水形成的薄霧所籠罩。獲選為香水大使後,我才知道「如果讓香水直接接觸肌膚,會得到較為溫暖柔和的香味」的道理。香水是我的嗜好,所以有時也會因為擦太多給周圍的人製造困擾。為了不讓如此的「香害」減損香水的魅力,希望能傳遞正確的使用知識給大家。

 

Q:請問喜歡使用的香水是哪一款,還有日後有想挑戰看看的香水嗎?

花總:我近來愛用的香水曾在香水週介紹過,是Maison Francis Kurkdjian的À la rose Eau de Parfum,其製作靈感源自瑪麗・安東尼的肖像畫。瑪麗・安東尼十分喜愛玫瑰,而玫瑰無論何時都是美的象徵,甚至可說是香水的起源。我喜歡這類花香性的香味,有時也會依據心情使用柑橘類或石鹼類的味道(猜)。從11月8日起,我將於音樂劇《莫札特》中飾演莫札特的姊姊Nannerl,為著沒日沒夜的排練而努力。為了在舞台上進入角色,或是在後台突然放鬆時想稍微使用一下的話,能隨心所欲使用Gucci by Gucci Première Eau de Toilette這類香水也很好。希望能用香水順利重新轉換心情以迎接初日的公演。

 

(猜) : 因為不是很了解小花說的香皂的香氣是什麼,想了很久,不知道指的是不是比較淡的…聞起來就有點肥皂感的淡香水…或者是花水類…的香水,因為精油的揮發速度很快。柑橘類 : Citrus ,除常見常吃的橘子柳丁柚子葡萄柚,屬常見常用的果香味,但在台灣沒有很受歡迎 XD 。

參考資料:

2014_1008 BLUEBELL2-thumb-400x600-104819

2014_1008 BLUEBELL3-thumb-600x400-104820

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *